井澤会長の知恵袋(2)

6月7日(日)13:30から、京阪ブロック(守口市立中央公民館)にて2回目の知恵袋を開催しました。参加者は20名でした。

今回はあらかじめ過去の巻頭言等からいくつかのキーワードを抜き出して、参加者からどんなテーマについて井澤会長から話をして欲しいか選んでいただくようにしました。

また、参加された一般会員さんに順番に大通研に対する思いを語っていただきました。大通研の活動を見直す貴重なご意見もたくさんいただくことができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

井澤会長の知恵袋(1)

「井澤会長の知恵袋」の第一回目を北摂ブロック(茨木市福祉文化会館)で開催しました。進め方は、参加された方々の日頃感じている疑問等に井澤会長が答えていくという形です。
参加された方からは、聴覚障害者の就労や手話の教育環境、大通研ブロックの役割などへの疑問等が出され、会長から現状や課題などについてお話をいただきました。16時終了予定も話が色々な方向に発展し、気が付けば予定時刻を過ぎての終了となりました。

20150601-223408.jpg

20150601-223419.jpg

今里教室 オープンキャンパス

会員、未会員関係なく、無料で参加できるお試し学習会です。
模擬授業の体験で、どんな学習会なのか、内容や特徴などを実際に確認できます。
70名の参加者で急遽進行方法を変えることになりバタバタしましたが、今里教室の雰囲気が伝わったと思います。

20150328-224531.jpg

新 ひたすら「日本語」

日本語力が必要!ということで、ひたすら「日本語」学習会です。
アイスブレイクでは滑舌を良くするトレーニングをして、本番の日本語では頭をひねって問題に取り組みました。途中のストレッチはDVDに合わせてゆっくり丁寧に行い、最後はなんとなくわかっているつもりの医療用語の確認をしました。
日本語を改めて学習する機会はなかなかありませんが、色々な気づきが得られた学習会でした。

20150211-171634.jpg

20150211-171646.jpg

20150211-171655.jpg

手話この魅力あることば

「手話通訳問題研究第128号」に掲載された佐藤茂さんのDVDを見て、大聴協の沼順子(ぬまよりこ)さんに解説していただきました。DVDプレーヤーの調子が悪くて開始早々からご迷惑をおかけしましたが、その後はスムーズに進めることができました。
聴者が知らない、または見落としている表現などを丁寧に教えていただきました。
少し時間に余裕があったので、今は見かけなくなった昔の手話をおまけ!?に教えていただきました(^.^)

20141207-174719.jpg

ろうあ会館の歴史と現状

10月21日(火)18:45から、谷町福祉センターにて月例学習会を開催しました。
講師に清田廣氏(公益社団法人大阪聴力障害者協会副会長・大阪ろうあ会館運営委員長)をお招きして、熱く語っていただきました。
ろうあ会館の役割、理念、そして課題を持って取り組む運動の大切さが参加者によく伝わったと思います。このような学習が大切だと清田氏も話しておられましたが、また是非お話をお聞きしたいと思います。

20141021-212338.jpg

最新の福祉情勢を学ぼう!

講師に塩見洋介氏をお招きしての恒例の福祉学習会です。三連休最終日にもかかわらず参加者は41名!皆さん熱心に学習されました。
政治と財界の関係から社会保障の方向性が決まっていく!?沢山の資料を元に、難しい話をわかりやすく説明していただき、問題点が見えてきたと思います。
主権者として国民がどうすべきか?引き続き学習を深め、考え、行動していきましょう!

20140915-145244.jpg

wのりこの手話通訳レッスン

宮澤典子さん出演の「手話通訳レッスン初心者コース12」を使ったサークル等での学習方法を、運営委員の米野規子がレクチャーしていく、W(ダブル)のりこシリーズの学習会です。
今回のDVDは会話編です。声での会話、手話での会話、会話の通訳…と進んでいきます。
ぜひ地域に持ち帰ってみんなでやってみてくださいね!

20140818-190659.jpg

20140818-190746.jpg

やなぎがゆく!!

特定非営利活動法人CS障害者放送統一機構から柳喜代子氏をお迎えして、「目で聴くテレビ」制作にまつわるいろいろなエピソード、思いなどを語っていただきました。
実際に放送された映像の紹介もあり、本当に“良い仕事”されてるなぁーと思いました。
これからもがんばってください。そして、みんなも応援していきましょう!

20140727-144233.jpg

新 ひたすら「読み取り」

手話を見て読み取って声に出す練習を”ひたすら”行います。話の内容は読めたつもりでも、適切な日本語できちんと声に出せているか?後で確認出来るように、それぞれが持参した録音機器に吹き込みます。読み取れなかったところや日本語にしにくかったところを確認しながら進めます。
途中、大阪府の登録試験のために、メモをしながら読み取って、最後に清書する練習もしました。

20140721-111622.jpg